消費者金融情報検索
サラ金借金返済術 アコム,アイク,アイフル,プロミスなど消費者金融でおまとめキャッシングするワイド検索

特定調停

メリット
■費用がすくない

デメリット
■返済を続けていくことを前提[利息制限法で引きなおし]
■ある程度の知識が必要

特定調停は裁判所の調停委員が債権者と債務者の間に入って話し合いによって借金問題の解決を行っていく方法です。

任意整理と同じように自己破産と違って一部の借金のみを整理することができますので、保証人が付いている借金を除いて手続きをしたい場合や住宅ローンの分を除いて手続きをしたい場合などでも使うことができますし、財産を処分する必要がありませんので、自動車などの財産を所有していて、どうしても手放したくない場合には有効な借金解決の方法になります。

特定調停は裁判所が間に入って話し合いを行いますが、専門家に依頼をしないで自分で申し立て、実際の手続きを進めることになりますので、ある程度の法律知識が必要になります。

また、もし、最終的に和解が成立しない場合は利息をすべてつけた状態で借金を支払っていかなければならないなどのケースもあります。

時間の余裕と、いろいろなリスクを受け入れられる状況があり、専門家に依頼する費用を節約したいという方はご自分で手続きをしてみるのも1つの方法だと思います。

最終的な判断基準は、手続き完了後の月々の返済額と実際の月収を比較検討し、返済の目処が立つようであれば特定調停の手続きを進めることは可能ですが、自己破産のように借金自体がなくなるわけではありませんので、借金の総額が大きい場合には、特定調停の手続きではなく、民事再生や自己破産などの他の方法を検討すべきだと思います。


任意整理
民事再生


[サラ金借金返済術]