◆個人信用情報機関

「個人信用情報機関」とは、個人の信用情報を収集し、会員である企業にその情報を提供する機関で、全国に33社あります。全て民間の株式会社です。

「個人信用情報機関」の加盟会員である金融会社は、提供を受けた個人信用情報をもとに、返済能力などを審査します。こうした機関があることで、審査の迅速化や過剰融資の防止に役立っているわけです。

登録される個人信用情報は、キャッシングやクレジットにかかわる契約内容、利用状況、返済状況などに関する客観的事実の情報です。

それ以外の経歴等の個人情報は、信用情報に含まれません。個人信用情報機関では、信用情報のみを取り扱っています。

自分の信用情報は教えてもらう事が可能です。
本人開示制度というのがあって、自分で確認することが可能です。ただし、あくまで本人のみに開示する目的のため、情報機関に出向いて閲覧しないといけません。詳しくは『全国信用情報センター連合会』のホームページでご確認下さい。

代表的な機関として以下があります。

全国信用情報センター連合会(全情連)
株式会社 日本情報センター(JIC)
株式会社 テラネット
株式会社 シー・アイ・シー
全国銀行個人信用情報センター(全銀協)
株式会社 シー・シー・ビー
[応用講座]

[おまとめローン.COM]