◆借入のときに気をつける事

第一に自己状況の把握が必須です。
どの金融機関を使用しようと負債を背負う事になります。

十分に現在の自分の生活、資産状況について考察してください。

今、本当に必要なお金か。


使用用途が適切であるかどうか。

遊興費などに金融を使用することはまさに浪費の極みです。契約をおこすのは最終手段である事を頭の片隅に入れておく必要があります。


家族・友人など「つて」はないか

できるなら肉親や友人に、相談みることをお勧めします。


自分の収入で返済できるか

借入前に具体的に毎月の返済額がいくらになるか計算し、収入と照らし合わせてみて、無理のない額を設定する必要があります。


借入額は必要最小限に、期間もできるだけ短く

返済期日だけは厳守しなければなりません。
もし、これが守れないと遅延損害金等が発生し、余分な負担を背負う事になります。
とにかく、無理のない返済計画に基づいて設定しましょう。


契約書をよく読み、利息・返済方法などを確認する


契約書の写しを受け取り、返済時の領収書は毎回保管する

万が一、何らかのトラブルが発生した場合のことを考えて契約書の写しと領収書は保管しておきましょう。
[応用講座]

[おまとめローン.COM]