◆利息制限法とは

利息制限法とは、「金銭を目的とする消費貸借上の利息の契約は、その利息が利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分につき無効とする」とした法律です。

元本が10万円未満の場合、年20%
元本が10万円以上、100万円未満の場合、年18%
元本が100万円以上の場合、年15%

[出資法]とは、「金銭の貸付を行なう者が年29.2%を超える割合による利息の契約をし、又は、これを超える割合による利息を受領した時は、3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金に処し、又はこれを併料する」とした法律です。
[応用講座]

[おまとめローン.COM]