キャッシング
[FAQ]

Q.金利などについて

キャッシングの金利の上限は「出資法」という法律で29.2%と決められています。

利率は各社によって変わりますが、これを超えるものは違法であり、これ以上の利息をとった業者は、懲役や罰金刑が課せられます。

返済が遅れた場合には遅延金というペナルティが発生しますが、これも法律で決められている上限金利29.2%以内となっています。


金利については十二分に検討しておく必要があります。

低い方が絶対的に有利なわけですが、キャッシング前にその計算方法を確認し、いくら借りたら金利はいくらになり、返済期間時はどのようになるのかをきちんと確認しておきましょう。