キャッシング
[FAQ]

Q.悪質業者について

貸金業を営む場合は行政機関への登録が義務となっていますが、その登録を行わずに営業を行っている悪質業者が存在します。これらの業者を一般的に「闇金融」といいます。

一方、登録番号を取得している業者である場合でも、出資法で定められた年率29.20%を超える金利で貸し付ける所もあります。

そのため、借入の際は利用する業者が違法な貸付を行なわない所か確認する必要があります。

しかし、実際に利用してみないとその業者が「闇金融」なのか判らないケースがありますので、以下のような基本的な事項に注意する必要があります。

住所が不完全な業者
チラシ・ビラの業者
貸金業協会加盟でない業者
電話で金利などを聞いても答えず、来店を促す業者
他を紹介する業者
表示されている金利よりも高い金利で契約させようとする業者


その他にも違法業者と呼ばれるものに

【トイチ金融】
10日で1割というのは今は昔。最近では都(1)のことを言います。
許可番号はお金を払えば取れますので、必ずしも優良業者というわけではありません。

また、あまりに金利の低い業者は避けたほうが無難です

【一本化屋】
多数の業者への借金を一本化するという名目で多額の手数料などを受け取りながら、最終的には連絡とれず。

【買い取り屋】
クレジットカードで換金性の高いパソコンや金券を買わせ、それを低価格で買い取る業者。主に多重債務者が標的になりやすい。

【紹介屋】
申込者に対して「うちでは融資できない」と言いつつ他店を紹介し、その紹介料として法外な金額を請求してくる業者。

【整理屋】
悪質な弁護士と提携して、多重債務者の債務整理を高額な手数料で行う業者。債務を肩代わりした整理後の金利も法外な金額を要求される。

【090金融】
連絡先の電話番号として携帯電話の番号しか表記していない業者。
所在地が不明なので事件になっても摘発が難しい。


「誇大広告」「おとり広告」など甘いお話にはご注意を